新製品情報

2017/04/03

10G BASE-T/10G SFP+対応 スタッカブルレイヤ3スイッチ 『DXS-3400シリーズ』を4月3日より販売開始

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、10G Base-Tおよび10G SFP+インターフェースを搭載したスタッカブルレイヤ3スイッチ『DXS-3400シリーズ』を、2017年4月3日よりパートナー各社を通じて出荷を開始致します。

『DXS-3400シリーズ』は、10GBase-Tと10GSFP+のインターフェースを搭載し、802.1Qazや802.1Qbbなどの高度なQoS機能やスタック機能を実装した信頼性と拡張性を備えたコストパフォーマンスの高いレイヤ3スイッチです。

『DXS-3400シリーズ』は、DXS-3400-24TCとDXS-3400-24SCの2機種をラインナップしており、DXS-3400-24TCは10GBASE-Tを24ポートおよび10G SFP+(Combo)を4スロット備え、DXS-3400-24SCは10G SFP+を24スロットおよび10GBASE-T(Combo)を4ポート備えた製品です。
また、ホットスワップが可能なモジュラー式冗長電源および冗長ファンを採用しており、同一筺体に2つの電源モジュールと3つのファンモジュールを搭載可能なため、万が一の電源故障時やファン故障時の冗長化対策とともに、ラックスペースの効率的な利用が可能な設計となっています。
電源モジュールはAC電源モジュールとDC電源モジュールの2機種をラインナップしており、データセンターなどでDC電源を要件とする場合にも柔軟に対応可能です。

『DXS-3400シリーズ』は、多彩な冗長化機能に対応しており、お客様ネットワークの信頼性を高めることが可能です。
最大4台まで構成可能なスタック機能により、仮想的なシャーシスイッチとして利用頂くことが可能で、ネットワーク規模に合わせてポート密度を拡張することが可能になり、最大で10ギガを96ポートまで集約化することができるようになるとともに、スイッチ故障時の冗長構成を取ることも可能です。
また、最大16ノードまで構成可能なリングプロトコル(ERPS)を利用することにより、建屋間を冗長性の高いネットワークで構成いただくことも可能です。
その他、IPv6に対応したVRRPv3などレイヤ3レベルでの冗長機能にも対応しており、可用性の高いネットワーク構成をサポートします。

 D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証に対応しており、製造終了後5年間までの無償保証に対応しています。

【販売開始製品・価格】
■本体
製品名:DXS-3400-24TC
品番:DXS-3400-24TCSI/A1
概要:10G BASE-Tスタッカブルレイヤ3スイッチ(100/1000/10G BASE-T×24、10G SFP+×4)
標準価格(税別):998,000円

製品名:DXS-3400-24SC
品番:DXS-3400-24SCSI/A1
概要:10G SFP+スタッカブルレイヤ3スイッチ(10G SFP+×24、100/1000/10G BASE-T×4(コンボ)
標準価格(税別):798,000円

■その他オプション
DXS-PWR300AC
品番:DXS-PWR300AC/A1
概要:AC電源モジュール(DXS-3600/3400シリーズ用)
標準価格(税別):98,000円
備考:DXS-PWR300ACは本体に1台搭載されています

DXS-PWR300DC
品番:DXS-PWR300DC/A1
概要:DC電源モジュール(DXS-3600/3400シリーズ用)
標準価格(税別):158,000円
URL:https://www.dlink-jp.com/series/dxs-3400

DXS-FAN100
品番:DXS-FAN100/A1
概要:FANモジュール
標準価格(税別):9,800円
URL:https://www.dlink-jp.com/series/dxs-3400
備考:DXS-FAN100は本体に3台搭載されています