最新ニュース

2009/06/20

第13回日本医療情報学会春季学術大会(シンポジウム2009 in 長崎)において D-Link無線APで協力

[最新ニュース]

ネットワーク機器・製品ソリューションをグローバルに展開するD-Link Corpの 日本法人ディーリンクジャパン株式会社(本社 東京都品川区代表取締役社長 廖晋新(Marty Liao))は、第13回日本医療情報学会春季学術大会~シンポジウム 2009 in 長崎~(2009年6月13日~14日)におきまして、会場内ネットワーク(有線、無線)の構築・運用に参加協力致しました。

長崎大学医学部 ポンペ会館 1F企業展示会場におきまして、インターネット (OCN)をFirewall「DFL-800」からコンパクトセキュアギガスイッチ「DGS-3200-10」 を経由して、ワイヤレススイッチ「DWS-3026」から2箇所に無線アクセスポイント 「DWL-8500AP」及び「DWL-3500AP」を設置し、ワイヤレスでインターネットにスムーズにアクセスできる快適なネットワークを構築致しました。また、各テーブルに 省電力ギガビットスイッチ「DGS-1008I/GE」を配置することにより有線での接続も可能にしました。

尚、第13回日本医療情報学会春季学術大会~シンポジウム2009 in 長崎~では、 「広がる地域医療連携~遠隔医療まで」をメインテーマとし、2009年6月13日~14日 の2日間に講演、セミナー、ポスターセッション等を行い、医療情報学会関係者が 約1,000名参加され好評に終了致しました。

http://jami2009symp.info/