新製品情報

2012/06/08

10/100BASE-TX レイヤ3スイッチ『DES-3810シリーズ』に新製品3機種を追加

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、10/100BASE-TXのレイヤ3スイッチ『DES-3810シリーズ』に新製品3機種を追加し、2012年6月8日よりパートナー各社を通じて受注を開始致します。

今回新たに追加されるのは、『DES-3810-28/EI』、『DES-3810-52/SI』、『DES-3810-52/EI』の3機種です。
既に出荷されている『DES-3810-28/SI』と合わせて、DES-3810シリーズのラインナップは全4機種となります。

DES-3810シリーズは、10/100BASE-TX×24ポートのDES-3810-28と、10/100BASE-TX×48ポートのDES-3810-52の2機種をラインナップしており、ソフトウェアイメージとしてスタンダードイメージ(SI)とエンハンスドイメージ(EI)の2つから、使い方に応じて機種を選択頂けるようになっています。

『DES-3810-28/EI 』は、10/100BASE-TX×24ポート、10/100/1000BASE-T×4ポート、SFPスロット(Combo)×4を実装したエンハンスドイメージ対応のモデルです。
また、『DES-3810-52/SI 』と『DES-3810-52/EI 』は、10/100BASE-TX×48ポート、10/100/1000BASE-T(Combo)×2ポート、SFPスロット×4を搭載しており、『DES-3810-52/SI 』がスタンダードイメージ対応モデル、『DES-3810-52/EI 』がエンハンスドイメージ対応モデルとなっています。

スタンダードイメージは、スタティックルーティングやダイナミックルーティング(RIP/OSPFv2)など、スタンダードなL3機能を始め、Compound認証など充実したセキュリティ機能、リングプロトコルによる冗長化機能に対応しており、小~中規模法人向けコアスイッチ、大規模向けフロアスイッチとして充分な機能を有しています。
また、エンハンスドイメージは、スタンダードイメージの追加モジュールとして、OSPFv3/BGP4(※)などのフルレイヤ3機能に対応しており、データセンターやメトロネットワークでの利用を想定しています。

その他、IPv6 Ready ロゴ(Phase 2)の取得や、省電力機能『D-Link Green Ethernet機能』を実装するなどの省電力性能の大幅な強化にも対応しており、ネットワークのIPv6化準備や節電などの日本国内の多様なニーズにも対応が可能です。

シリーズ全てでD-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の保証)に対応しており、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂くことが可能です。

(※)は対応予定