新製品情報

2014/03/31

IEEE802.3at PoE Plus対応 ギガビットアンマネージドスイッチ DGS-1005P/ETを販売開始

[新製品情報]

DGS-1005P_L(側面図)ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、IEEE802.3at PoE Plus対応のギガビットアンマネージドスイッチ『DGS-1005P/ET』をパートナー各社を通じて販売を開始し、2014年4月7日より出荷を開始致します。

『DGS-1005P/ET』は、10/100/1000BASE-Tを5ポート搭載しており、その内4ポートをIEEE802.3atに標準準拠したPoE Plusポートとして利用可能です。
1ポートあたり、従来規格の2倍近い最大30Wまで給電が可能であり、筺体あたり最大70Wまで電力供給が可能なため、今後普及が見込まれるギガビット対応の無線規格IEEE802.11ac対応の無線LANアクセスポイント製品やIPカメラ製品など、電力消費量が多い機器でもご利用頂くことが可能です。
本機器をご利用頂くことで、受電側機器設置場所に電源コンセントが無い環境でも、PoEによる電源供給が可能なため、工事コスト節減が可能です。

また、『DGS-1005P/ET』は幅130×奥行97×高さ24(mm)とコンパクトな筐体設計であるとともに、壁設置キット(ブラケット/ネジ)を標準添付しているため、取付場所の選択範囲が拡がります。
更にスイッチで最も気になりがちな、FAN回転による機械音を防止するファンレス設計を採用するなど、オフィス内の設置にも対応することが可能です。

【販売開始製品・価格】
製品名:DGS-1005P/ET
標準価格:¥43,800(消費税別途)
インターフェース:10/100/1000BASE-T×5(内PoE/PoE Plus×4ポート)
製品仕様(シリーズページ参照):http://www.dlink-jp.com/series/dgs-1000-poe-5port