トライバンド Wi-Fi

3帯域 同時利用可能 高い収容能力で安定通信
トライバンド対応無線アクセスポイントは、2.4GHz×1、5GHz(W52/W53)、 5GHz(W56) の3帯域を同時利用可能です。シングルバンド、デュアルバンドよりも同時に使える帯域幅が多いことから、より多くの端末を収容でき、多台数接続であっても安定した通信を実現できます。

Solution_Tri-Band1_960-360

トライバンド Wi-Fi の利用例

2.4GHz×1、5GHz×2 の3つの電波を同時利用可能なトライバンド対応無線アクセスポイントは、学校など接続ユーザの多い環境での利用に最適です。ここでは、デバイス収容能力だけでなく、複数帯域を利用した電波の有効活用についてもご紹介します。

多台数接続での安定した通信環境
多台数のデバイスを利用する児童・生徒向けに5GHz帯×2を提供することで、デバイス収容能力を高めることができます。またD-Linkのトライバンド対応無線アクセスポイントは、バンドステアリング機能や自動チャンネル・電波出力調整をサポートしており、電波状況を把握して、自動で適切な帯域調整を行うことも可能です。

電波の継続利用をサポート (DFS対策)
トライバンド対応無線アクセスポイントは、DFS (Dynamic Frequency Selection) 機能により、5GHz帯の1つのチャンネルが気象/航空レーダ波などを検知して停波した場合でも、もう1つの5GHz帯チャンネルで継続動作させることが可能です。
電波を自動で切り替えて継続してネットワークを利用できることから、デジタル教材を利用した授業でも安心して学習に取り組むことができます。

この他にも、2.4GHz帯と5GHz帯の電波特性を活かして、用途別に電波を振り分けるなど、電波の有効活用が可能です。

◎学校でのトライバンドWi-Fi活用例
Solution_Tri-Band2_960-360.png

◎2.4GHzと5GHzの主な電波特性

電波特性 2.4GHz帯 5GHz帯
チャンネル数

13チャンネル(実質3チャンネル)
同周波数帯域の各電波チャンネルが重なり合っており、使用可能なチャンネル数は実質3チャンネルと少ない (同じ2.4GHz帯を利用する機器からの影響を受けやすい)。

19チャンネル(W52/W53は屋内のみ)
同周波数帯域の各電波チャンネルが独立しており、使用可能なチャンネル数が、2.4GHzに比べて多い (同じ5GHz帯を利用する機器からの影響を受けにくい)。

電波干渉

干渉源が多く電波干渉が起こりやすい
2.4GHz帯は、ISMバンド (Industrial, Scientific and Medical Band) を含むため、電子レンジや Bluetooth などの機器との電波干渉が起こりやすい。

2.4GHz帯よりも電波干渉は少ない
一般的に、2.4GHz帯よりも電波干渉は少ないと言われています。ただ、W53/W56帯は、航空無線や気象レーダなどのレーダ波を検知した場合、該当チャンネルを一時的に停波する必要があります (1分程度)。

距離や遮蔽物への対応

電波が回折し遠くまで届く
電波の回折特性があるため、壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい。

直進性の高い電波
電波の直進性が高く、2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱い。また通信距離が長くなると電波が減衰しやすい。

クライアント40台同時接続時のパフォーマンス測定

当社製品の「2×2 Dual-Band ノーマルAP」と「2×2 Tri-Band DWL-7620AP」のクライアント40台同時接続時のパフォーマンス比較を、以下の測定条件で行いました。測定結果を見て分かる通り、トライバンド対応無線アクセスポイントのパフォーマンスは、ノーマルアクセスポイントに比べて格段に高いことが分かります。

測定環境

Solution_Tri-Band3_960-180

測定条件 2×2 Dual-Band ノーマルAP 2×2 Tri-band DWL-7620AP
5GHz-1
無効
有効
5GHz-2
有効
有効
2.4GHz
無効
無効
同時接続クライアント数
40 (5GHz-2)
20 (5GHz-1) + 20 (5GHz-2)
各クライアントダウンロードファイル容量
10MB
10MB

↓

測定結果 2×2 Dual-Band ノーマルAP 2×2 Tri-band DWL-7620AP
クライアント1台あたりの平均スループット
2.28Mbps
6.35Mbps
クライアント全体のスループット総和
91Mbps
254Mbps
ダウンロード時間平均
35秒
12.6秒

※Windows 無線クライアント(802.11ac wave1) 40台を1台のアクセスポイントに接続した際の試験結果となります。測定する環境により、無線パフォーマンスは異なります。

トライバンド対応無線LAN製品一覧

アクセスポイント名 製品概要
屋内用 2×2 802.11ac Wave2 ワイヤレスアクセスポイント