よくあるご質問一覧

スイッチ:DGS-3200シリーズ

  • 対象設定ポートにおいて、"0.0.0.0"の IPアドレスを含む Arpパケットの許可、不許可を設定する項目になります。
    一部の OSでは、自身の IP競合の有無を確認するために、Sender IP Addressのフィールドを "0.0.0.0"に設定して Arp requestを送信しますが、"disable"の場合、IPの競合検知が出来ません。
    但し、"enable"の場合、悪意のユーザによる積極的な IPの存在検出の可能性があります。
    (ARPによる IP Sweep)

  • いいえ、使用できません。 コンボポートは排他使用になります。

  • EAP-MD5、EAP-OAP、EAP-TLS、EAP-TTLS、EAP-PEAPです。

  • はい。取得しています。
    ※対象スイッチ:DGS-3620シリーズ/DGS-3420シリーズ/DES-3528/52シリーズ/DGS-3120シリーズ/DGS-3200シリーズ/DES-3200シリーズ
    ※対象無線LAN製品:DWS-3160シリーズ/DAP-2360(H/W:A1)/DAP-2590
    ※対象WAN製品:DIR-652

  • FDBをモニターし、MACアドレスを学習すると通知される機能となります。本機能をご使用になる場合、NMS側で、MAC Notification Trapを受信できる環境が必要になります。

  • はい、disable webコマンドを投入してください。

  • はい、可能です。

  • はい、可能です。

  • いいえ、WAC機能を使うには、Systemインタフェースが有効になっている必要があります。