インドア用サージプロテクタ DPE-SP110I

DPE-SP110I

DPE-SP110Iは突然の落雷や静電気によるネットワーク機器の損傷を保護するためのサージプロテクタです。サージ電流が発生した場合、余分な電力を遮断または迂回させて、ネットワーク機器が正常に動作するのに必要な電力量を保ちます。LEDによる交換が必要な場合の表示、PoE/PoE+パススルー、最大1000Mbpsの高速通信を備えながらもコンパクトで場所を選ばず、ソフトウェアを使わずに簡単に設置が出来ます。DPE-SP110Iは従来のガス放電管(GDT)とシリコンアバランシェダイオード(SAD)を使用した雷保護装置よりも高い信頼性と安定性でネットワーク機器を落雷のダメージから守ります。

  • 特徴
  • 仕様
製品名 製品概要 標準価格(税抜) 製品保証 ドキュメントダウンロード

DPE-SP110I 新製品

品番:DPE-SP110I/A1

●10/100/1000BASE-Tポート ×2(In/Out 各1)
●85℃対応
●PoEパススルー:IEEE 802.3af/at

¥13,800 1年

製品保証についての詳細はコチラ

特長

10kAの最大放電電流に対応

DPE-SP110は最大放電電流10kAに対応し、落雷による過電流を制限します。IEC 61643-21規格に準拠しています。

適切な交換時期をLED表示

サージプロテクタは設置環境により製品寿命が大きく異なる製品であり、従来製品では適切な交換時期を判断することが困難でした。DPE-SP110Iは一定以上のサージエネルギーを吸収した場合、または長期間の使用により抵抗物質が自然に減少した場合にLEDが点灯し適切な交換時期をお知らせします。

柔軟な接続性と互換性

DPE-SP110Iは、10/100/1000Mbpsに対応し、さらに、IEEE802.3af/at準拠のPoEパススルーに対応しています。
PoEスイッチからの電力をIPカメラやAPへ転送可能です。

コンパクトで設置が容易

コンパクトなDPE-SP110Iは設置場所を選ばず、またソフトウェア等を使わずに簡単に設置、使用出来ます。

仕様一覧

ハードウェア仕様一覧表

製品名

DPE-SP110I

品番

DPE-SP110I/A1

インタフェース

入力端子 10/100/1000BASE-T ポート(データ入力/PoEパススルー) ×1
出力端子 10/100/1000BASE-T ポート(データ出力/PoEパススルー) ×1

LED表示

OFF – 通常/ ON -製品の交換時期が来ています

電気的仕様

最大放電電流

10 kA (8/20 us、1.25 kA/ライン)
※各ラインで電流が平衡している場合の値です。

Common モード(アース設置)

20 kV (10/700 us) 、10 kA (8/20 us)

Differentialモード(ライン間) 6 kV (10/700 us) 、1 kA (8/20 us)
制限電圧(アース設置) 600 V@10 kA

制限電圧(ライン間)

20 V@1 kA

応答時間

5 ns

イーサネットPoE/データライン

10/100/1000 Mbpsイーサネットポートを保護

RJ-45 8ピンを保護

PoE

IEEE 802.3 af/at

ハードウェア仕様

寸法

120(L) x  40(D)  x  25(H) mm
重量(本体のみ) 152 g
最大PoE動作DC電圧 60V DC
最大PoE動作DC電流 1 A

環境仕様

動作/保管温度

-40~85 ℃/-40~85 ℃

動作/保管湿度 0~95 %(結露なきこと)/0~95%(結露なきこと)
適合規格 IEC 61643-21 (10 kA)

パッケージ内容

 

本体、アースケーブル、LANケーブル 、マウントキット 、クイックインストールガイド、PLシート