新製品情報

2020/05/22

10ギガアップリンクを6ポート搭載した レイヤ2+ギガビットスイッチ『DGS-3130シリーズ』の受注を開始

[新製品情報]

DGS-3130_Seriesディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、ギガビットレイヤ2+スイッチ 『DGS-3130シリーズ』6製品をパートナー各社を通じて2020年5月22日から受注を開始し、2020年6月19日より出荷を開始いたします。

『DGS-3130シリーズ』は、10ギガアップリンクポートを6ポート備えた高い拡張性と、CLIおよびWEB GUIによる操作可能な、高いコストパフォーマンスが魅力のレイヤ2+マネージドスイッチです。
『DGS-3130シリーズ』は全6機種あり、スタンダードなCopperタイプと最大370W給電が可能なPoE+対応タイプ、およびSFPを多数収容可能な光多ポートタイプの3タイプあり、各タイプごとに24ポートと48ポート機種をご用意しています。
6機種共通のポート仕様として10G BASE-Tを2ポートと10G SFP+を4スロット搭載しており、基幹ネットワークの広帯域化を想定している、小中学校や高等学校など文部科学省が提唱するGIGAスクール構想のフロアスイッチや、10ギガバックボーンを低コストで構築したい中規模民間企業、自治体などのエッジスイッチなどに好適な製品です。

また、エッジスイッチとして十分な機能性を有しており、タグVLANやスパニングツリー、リンクアグリゲーションはもちろん、ポート間での折り返し通信を防ぐトラフィックセグメンテーション、ループ事故を防止するループ検知/遮断機能など、多様な機能性を有します。

日本の高温多湿な環境や節電による室温上昇に配慮した50℃対応や、オフィス内設置にも配慮した空調がある部屋ではファンの回転を抑える温度可変式ファンを採用した静音設計とするなど、環境性能の強化も実現しています。

D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証 (製造終了日から5年間の保証)に対応しており、万が一の故障の際は無償での修理、または良品交換が可能なため、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂くことが可能です。

『DGS-3130シリーズ』は、2020年6月19日より出荷開始を予定しています。

【受注開始製品・標準価格・出荷開始予定時期】 

DGS-3130シリーズURL
https://www.dlink-jp.com/series/dgs-3130

(1)製品名:DGS-3130-30TS
品番:DGS-3130-30TS/A1
標準価格(税別):138,000円
製品概要:ギガビットレイヤ2+マネージドスイッチ
10/100/1000BASE-T×24、100/1000/10G BASE-T×2、10G SFP+×4

(2)製品名:DGS-3130-30PS
品番:DGS-3130-30PS/A1
標準価格(税別):268,000円
製品概要:PoE+対応ギガビットレイヤ2+マネージドスイッチ
10/100/1000BASE-T(PoE+対応)×24、100/1000/10G BASE-T×2、10G SFP+×4
最大PoE給電量370W

(3)製品名:DGS-3130-30S
品番:DGS-3130-30S/A1
標準価格(税別):188,000円
製品概要:光多ポート対応ギガビットレイヤ2+マネージドスイッチ
1G SFP×24、100/1000/10G BASE-T×2、10G SFP+×4

(4)製品名:DGS-3130-54TS
品番:DGS-3130-54TS/A1
標準価格(税別):278,000円
製品概要:ギガビットレイヤ2+マネージドスイッチ
10/100/1000BASE-T×48、100/1000/10G BASE-T×2、10G SFP+×4

(5)製品名:DGS-3130-54PS
品番:DGS-3130-54PS/A1
標準価格(税別):398,000円
製品概要:PoE+対応ギガビットレイヤ2+マネージドスイッチ
10/100/1000BASE-T(PoE+対応)×48、100/1000/10G BASE-T×2、10G SFP+×4
最大PoE給電量370W

(6)製品名:DGS-3130-54S
品番:DGS-3130-54S/A1
標準価格(税別):378,000円
製品概要:光多ポート対応ギガビットレイヤ2+マネージドスイッチ
1G SFP×48、100/1000/10G BASE-T×2、10G SFP+×4