最新ニュース

2018/04/09

災害時統一SSID 「00000JAPAN 」の認定事業者として正式承認

[最新ニュース]

ディーリンクジャパン株式会社 (本社:東京都品川区 代表取締役社長:廖晋新 (マーティ・リャオ)、以下:D-Link) は、災害時統一SSID 「00000JAPAN (ファイブゼロジャパン)」の認定事業者として、無線LANビジネス推進連絡会より正式に登録されましたことをお知らせ致します。

災害時統一SSID 「00000JAPAN (ファイブゼロジャパン)」とは、当社も加盟する無線LANビジネス推進連絡会が推進する、大規模災害発生時に公衆無線 LAN の無料開放を目的した事業者が、共通で使用するユーザ認証や暗号化を行わないSSIDです。

「00000JAPAN (ファイブゼロジャパン)」は、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」をきっかけとして、大手通信会社を認定範囲として無線LANビジネス推進連絡会にてガイドラインを制定・発表され、その後平成28年4月に発生した「熊本地震」の発生時に商用環境で初めて提供され、その有用性も確認されています。

また、今後の更なる普及を目指し、事業者認定の範囲を従来の大手通信会社だけではなく、独立系通信事業者・APベンダー・SIerなどにも拡大されるようガイドラインの改定が行わたことで、自社製品への適用や、独自構築されたWi-Fi環境の災害時ネットワークへの開放が可能になるなど、APベンダーの1社である当社も参画できる状況になったことから、「00000JAPAN (ファイブゼロジャパン)」の主旨に賛同し、また今後の日本での普及の一助を担うべく、認定事業者として申請をし、この度承認をされております。

【無線LANビジネス推進連絡会について】
「無線LANビジネス推進連絡会」は、2012年3月から7月にかけて行われた総務省主催の研究会「無線LANビジネス研究会」での提言を受けて、無線LANを巡る諸問題に無線LANに関係する企業等が自主的に取り組む場として、発足したものです。

名称:無線LANビジネス推進連絡会
設立:2013年1月31日
所在地:東京都千代田区岩本町3-2-4 岩本町ビル 3F
会員:123企業・団体(2018年4月9日現在)
会長:小林 忠男(NTTブロードバンドプラットフォーム株式会社顧問)
副会長:櫻井 浩(JR東日本メカトロニクス株式会社)
    田中 泰光(日本ヒューレット・パッカード株式会社)
監事:遠藤 文敏(株式会社ミライト)

【認定事業者およびガイドラインについて】
詳細は、以下無線LANビジネス推進連絡会のホームページにてご確認下さい。
https://www.wlan-business.org/customer/introduction/feature

【00000JAPAN 対応製品について】
D-Link Business Cloud対応 無線アクセスポイント『DBA-1510P』
製品仕様
ソリューション