新製品情報

2006/12/13

RoHS指令対応 IEEE802.11b/g準拠 マネージメント無線アクセスポイントDWL-2100AP 販売開始のお知らせ

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都港区代表取締役社長大久保融)は、IEEE802.11 b/g 準拠のマネージメント機能搭載無線アクセスポイントDWL-2100AP を12 月5日から出荷開始いたします。ディーリンクジャパン株式会社が提供する製品は、環境に考慮したRoHS 指令対応です。

DWL-2100AP は、パワフルで高速、高セキュリティ、かつ多彩な接続モードをサポートした高機能屋内用マネージド無線アクセスポイントです。豊富なセキュリティ機能とQoS、そして多彩な5 種類の動作モードにより、安全性が高く柔軟な無線ネットワークを操作性の良い管理アプリケーションにより提供します。
IEEE802.11g 準拠で最大54Mbps までのスループットとD-Link108G テクノロジにより、最大108Mbps(Turbo モード)の高速通信が可能で、WPA/WPA2 エンタープライズ、64/128/152bit のWEP暗号化機能、MAC アドレスフィルタリング、SSID のブローキャスト機能の無効化、マルチSSID機能搭載、更には、ホットスポットなどの構成に役立つ、STA パーティショニング機能といった様々な機能により機密情報の漏洩などから防衛するビジネスユースにもっとも重要な安全性を確保します。
IEEE802.1Q VLAN、SNMP v.3 など、マネージメント機能も搭載、Web ベースのGUI やTelnet、SSHにより細かい設定を行うことが可能です。また、製品添付の管理アプリケーションにより、自動的にネットワーク上でアクセスポイントを検出し、複数のアクセスポイントを監視、および一括設定を行うことが可能で、効率よく無線ネットワーク環境の管理を実現します。