新製品情報

2012/07/20

WEB管理型スイッチ スマートPro 『DGS-1500シリーズ』の販売を開始

[新製品情報]

 ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、全ポートがギガビットに対応したWEB管理型スマートProシリーズ 『DGS-1500シリーズ』4製品の販売を、2012年7月20日からパートナー各社を通じて開始いたします。

 『DGS-1500シリーズ』は、WEB GUIによる直観的な操作と高いコストパフォーマンスが魅力のスマートスイッチと、高い機能性が魅力のマネジメントスイッチの中間に位置づけられるスマートProシリーズです。

 『DGS-1500シリーズ』は、Copperポートの全ポートがギガビット対応しており、16ポートモデルのDGS-1500-20、24ポートモデルのDGS-1500-28、PoE+対応24ポートモデルのDGS-1500-28P、そして48ポートモデルのDGS-1500-52の4機種をラインナップしております。
 加えて、シリーズ全製品がCopperポートと同時利用可能なSFPスロットを4つ備え、オプション(別売)のSFPモジュールを利用することで最大80km(※)での光ファイバーによる遠距離接続が可能です。

 また『DGS-1500シリーズ』は、エッジスイッチとして十分な機能性を有しており、タグVLANやスパニングツリー、リンクアグリゲーションはもちろん、ポート間での折り返し通信を防ぐAsymmetric VLANや、ループ事故を防止するループ検知機能など、多様な機能性を有します。
 レイヤ3機能のスタティックルーティングにも対応しており、IPインターフェースを最大4つまで設定できるため、小規模なネットワークでもセキュアにセグメント管理をしたいというニーズに対応が可能です。

 更に『DGS-1500シリーズ』は、最新の省電力アーキテクチャーである『 D-Link Green 3.0 』に対応しており、従来までのリンクダウンやケーブル長による省電力機能に加えて、予め設定をしておくことでLED消灯やポートのシャットダウン/スタンバイ、システムスリープなど、多彩な省電力機能をご利用いただけるため、使い方に応じた柔軟な節電対策を施すことが可能です。
 省電力の標準規格であるIEEE802.3azのEEEにも対応しており、トラフィック状況に応じた省電力化を実現いたします。
 省エネ法の達成率も250%~383%(2011年度目標)と大きくクリアしており、企業の節電対策を強力にサポートいたします。

 その他、日本の高温多湿な環境や節電による室温上昇に配慮した50℃対応や、オフィス内設置にも配慮したファンレスや温度可変式ファンによる静音設計を採用するなど、環境性能の強化も実現しています。

 D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の保証)に対応しており、万が一の故障の際は無償での修理、または良品交換が可能なため、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂くことが可能です。

※1000BASE-ZX対応のDEM-315GT使用時