新製品情報

2011/11/01

ギガビットスタッカブル レイヤ3スイッチ 『DGS-3620シリーズ』 の受注を開始

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:廖晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、ギガビットスタッカブル レイヤ3スイッチ 『DGS-3620シリーズ』のうち、DC電源モデルを除く5製品の受注を、2011年11月1日からパートナー各社を通じて開始いたします。

『DGS-3620シリーズ』は、高い拡張性と可用性、高度なセキュリティ機能、先進のIPv6機能、そして業界トップレベルの省電力性能を搭載したBox型のハイエンド レイヤ3スイッチ製品です。

Copperモデル(24ポート/48ポート)とPoE/PoE+対応モデル(24ポート/48ポート)、及びSFP多ポートモデル(24ポート)の5製品をライナップしております。また、『DGS-3620シリーズ』シリーズ全製品が10G SFP+スロットを4つ実装し、オプションの10ギガSFP+モジュール(*1)装着することで最大40kmの長距離高速通信が可能です。

『DGS-3620シリーズ』の主な特長として、最大12台までのスタック機能(*2)に対応し、D-Linkが推奨する スタック機能とリンクアグリゲーションを組み合わせた『STPレスネットワーク』により、シンプルで冗長性の高いネットワーク設計を行えます。
また、ITU-T G.8032準拠のE-RPSプロトコルによるマルチリングに対応した高い冗長機能、フルスペック認証や検疫対応などの高いセキュリティ機能、IPv4アドレス枯渇を考慮したIPv4/IPv6デュアルスタック対応、その他ループによる障害発生を自動で検知/遮断するループ検知機能、LANケーブルの断線/ケーブル外れなどの切り分けに便利なケーブル診断機能(EIのみ)などに対応しています。

日本の高温多湿な環境に配慮した50℃対応、設置場所を選ばない温度可変式ファン採用による静音化など、お客様の多様なご利用環境にも配慮した製品設計を行っております。
さらに、SDカードスロットを搭載し、SDカードに設定ファイル、ファームウェアやSyslogを保存することが可能です。SDカードを別の機器に移行して復元することで、ネットワーク運用負荷を軽減いたします。
D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の無償保証)と組み合わせる事で、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂く事も可能です。

『DGS-3620シリーズ』は、スタンダードイメージ(SI)及びエンハンスドイメージ(EI)の2種類のライセンスのいずれかの機種を選択することで、主にレイヤ3機能、IPv6機能、メトロイーサネット機能について、お客様要件に応じたイメージで製品を選択できます。

スタンダードイメージ(SI)はRIPやOSPFv1/v2など基本的なダイナミックルーティング機能を実装しており、エンタープライズネットワークとして必要充分な機能性を搭載。
エンハンスドイメージ(EI)は、BGPやOSPFv3、RIPng(IPv6)などのルーティング機能、IPv6トンネリングやIPv6 PIM SM機能などのIPv6機能、IEEE802.1ag準拠のメトロイーサネット機能など、充実したフルスペックレイヤ3スイッチとしてご利用可能です。
トラフィックシェーピング機能や、Ingress/Egress両方向のアクセスコントロールリストについては、スタンダードイメージ(SI)から対応しており、エンハンスドイメージ(EI)の機能と併用頂く事で、データセンターやキャリアのお客様の設備向けレイヤ3スイッチとしてご利用頂くことも可能です。

製品の詳細は下記製品型番をクリックして下さい。

製品資料リンク 製品情報
DGS-3620-28TC ギガビット 24ポート /10ギガ対応 レイヤ3スイッチ
DGS-3620-52T ギガビット 48ポート /10ギガ対応 レイヤ3スイッチ
DGS-3620-28PC PoE/PoE+対応 ギガビット 24ポート /10ギガ対応 レイヤ3スイッチ
DGS-3620-52P PoE/PoE+対応 ギガビット 48ポート /10ギガ対応 レイヤ3スイッチ
DGS-3620-28SC SFP多ポート /10ギガ対応 レイヤ3スイッチ