新製品情報

2015/04/01

中規模向け無線LANコントローラ製品『DWC-2000』および 無線LANコントローラ対応アクセスポイント『DWL-8610AP』の販売を開始

[新製品情報]

DWC-2000_&_DWL-8610 ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、最大256台の無線LANアクセスポイントを一括管理可能な無線LANコントローラ『DWC-2000』と、11ac準拠の無線LANコントローラ対応アクセスポイント『DWL-8610AP』の販売を、2015年4月1日よりパートナー各社を通じて開始致します。

 『DWC-2000』は、本製品対応(*1)の無線LANアクセスポイント(無線AP)を最大256台まで集中管理が可能な無線LANコントローラです。
 『DWC-2000』は、デフォルトで64台までの無線APを集中管理可能な管理ライセンスが含まれており、別途追加ライセンスを購入することで最大256台まで無線APの集中管理が可能となります。
プロファイル設定により多数の無線LANアクセスポイントの一括設定が可能なことはもちろん、自動チャネル調整や自動電波強度調整などに対応するなど、導入によりシステム管理者の無線LAN管理負荷を大幅に軽減することが可能です。
また、高度なセキュリティ機能にも対応しており、IEEE802.1X認証/MAC認証/WEB認証など豊富な認証機能をはじめ、不正AP検知機能やワイヤレス侵入検知機能(W-IDS機能)に対応するなど、無線ネットワークのセキュリティレベルを大幅に向上させることが可能です。

無線LANコントローラ対応アクセスポイント製品である『DWL-8610AP』は、IEEE802.11acに準拠した2.4GHz/5GHzデュアルバンド無線APです。
『DWC-2000』をはじめとした、D-Link無線LANコントローラ(*2)による集中管理に対応しており、無線LANコントローラによるチャネルや電波の自動調整機能、また豊富なセキュリティ機能など、きめ細かい無線LAN管理が可能です。
また、『DWL-8610AP』はアクセスポイント単体での動作も可能なUnified 無線LANアクセスポイントのため、無線LANの初期導入時は単体の無線APとして導入し、台数の増加に伴い無線LANコントローラを後から導入するなど、柔軟なネットワーク構築が可能です。

『DWC-2000』および『DWL-8610AP』は、D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の無償保証)に対応しており、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂くことが可能です。

【販売開始製品・価格】
製品名    :DWC-2000
製品URL    :http://www.dlink-jp.com/series/dwc-2000
標準価格(税別):¥438,000
備考     :最大256台対応(*3) 無線LANコントローラ

製品名    :DWC-2000-AP32
標準価格(税別):¥158,000
備考     :最大32台までの追加AP管理ライセンス

製品名    :DWC-2000-AP64
標準価格(税別):¥258,000
備考     :最大64台までの追加AP管理ライセンス

製品名    :DWC-2000-AP128
標準価格(税別):¥428,000
備考     :最大128台までの追加AP管理ライセンス

製品名    :DWL-8610AP
製品URL    :http://www.dlink-jp.com/series/dwl-8610ap
標準価格(税別):¥79.800
備考     :IEEE802.11a/b/g/n/ac対応 無線LANアクセスポイント

(*1) 対応無線AP:DWL-8610AP / DWL-6600AP
(*2) 対応無線LANコントローラ:DWC-2000 / DWC-1000 / DWS-3160シリーズ
(*3) 本機器購入時は64AP管理ライセンスまで。追加ライセンスは別途購入要